子どもに英語の”苦手意識”を持たせたくない方へ

 

最適な英語教育とは何なのでしょうか?

子どもに英語の”苦手意識”を持たせたくない方へ、お伝えします。

 

私が初めて受けた英語教育は中学1年生のころです。少し特殊な学校で、英語は英語で教える“All English”でした。ハローやバイくらいしかわからない私にとって、英語の授業がすごく苦痛だったのを覚えています。しかし、今となってみれば、十何年前でそのような英語教育はまだあまり開発されておらず、新しい試みだったのだと思います。そんなことも知らない私は、英語に対し強烈な“苦手意識”を持ってしまいました。英語の本を読んだり、シャドウイングをしたりしていましたが、英語嫌いな私にはあまり効果はありませんでした。

私が一番伝えたいことは、子どもを“英語嫌い”にさせてはいけない。ということです。現在、グローバル化を急速に進んだことで、就職や転職に英語能力が非常に重視されています。バイリンガルであるというだけで、仕事が見つからないということはないと思います。日本の教育もその影響をかなり受けています。英語の苦手意識は、将来のキャリアに深くかかわることは明白だと思います。現在では、小学校から英語の授業が義務化されたことで、いろいろな話題が上がりました。モンスターペアレンツ対応に追われる先生の負担がさらに増えたとか、日本語をちゃんとやらずに英語を学ぶのはどうなのかなど、意見はたくさんあると思います。

こどもに英語を好きになってもらうには、どうしたらいいのでしょうか?また、受験の英語ではなく、日常に使える英語力を日本はちゃんと教育してくれているのでしょうか?子どもにとって一番いい英語教育とは何なのでしょうか?子供の英語教育は、現在の日本の教育において非常に注目されています。このサイトでは、子供に対してどんな英語教育が最適であるのかを、多くの方の体験談をもとにブログにしていきます。多くの方からの意見も随時募集しています。いつでもコメントしてくださいね。

工務店向け集客ノウハウ

>生命保険の口コミ.COM